ED治療薬『Levitra』

治療薬について研究

治療薬について研究

治療薬について研究

治療薬について研究

ED治療薬について長い間研究されていますが、
副作用をゼロにすることはできないようです。

ED患者のほとんどが動脈硬化の傾向があります。
血流が悪くなることにより、ペニスの内側に血が流れ込まず、
もしくは流れ込むのに時間がかかるなどの現象でEDになります。

そしてその勃起を阻害する現象を解決する為に、
ED治療薬には血管拡張作用があるのです。

血管拡張作用は、勃起させる為の前提条件的効果だと言えます。
そしてそれに伴い副作用が発生するのです。

血管が開く事で、頭痛や動機などが起こりますので、
今の医療技術の段階では副作用を消すことは難しいと言えます。

将来的に、血管拡張作用が無くても勃起させる、
血管が広がっても勃起以外には影響しないなど、
複雑な工夫が必要になります。

しかし、ED治療薬使用者で、
副作用を実感したのは3割程度という報告がありますので、
「頭痛が起きたら何も出来ない」など、
特別神経質にならない限り、そこまで意識する程の症状では無いようです。

しかし、服用する前にグレープフルーツなどの、血管拡張作用のある
食材をたべてしまうと、効果が強まり過ぎて、
重篤な症状が発生してしまう可能性があります。
ご使用の際は十分お気をつけください。