ED治療薬『Levitra』

レビトラの効果

レビトラの効果

レビトラの効果

レビトラの効果

レビトラは、バイアグラの次に認可されたED治療薬です。
日本でも既に認可されている為、
バイアグラについでレビトラを処方している専門の医療機関も多いです。

そんなレビトラですが、どのような効果があるのでしょうか。

レビトラは、ED治療薬のひとつですので、基本的な働きはバイアグラと同じです。
加齢や生活習慣の悪化などで動脈硬化が進み、
血流が滞った血管を広げ、血の巡りを良くします。
そしてペニスに血を流すのです。
ペニスは性的な刺激を受けることで勃起しますが、
それは、血液が流れ込み、それを海綿体という
スポンジ状の血管が吸収し勃起するのです。

動脈硬化は勃起のメインの役割、血を流すという働きを阻害しますので、
治療薬において、血管を広げるというのは前提条件的な効果なのです。

その為、副作用も現れます。
一時的に血流が良くなることで発生するものですが、一般的なもので
頭痛、動機、顔のほてり、目の充血などです。

またこれらも、使用者のうち3割程度の患者が実感したとの報告があります。

更にレビトラの特徴として、バイアグラより即効性があることが挙げられます。
服用して薬15分程で効果が現れるそうです。

ですのでより臨機応変に対応することが出来ます。